2012年10月、経済産業省から 「経営革新等支援機関」として認定されました。
下郷会計事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業のz永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
名古屋税理士会
大垣支部所属
お気軽にお問合せください。
下郷会計事務所
TEL:0584-53-4033
shimozato-kaikei@tkcnf.or.jp

下郷会計はガンバル経営者を全力で応援します!!

下郷会計はガンバル経営者を全力で応援します!!

所長のつれづれ日記

モンゴルの高校生のホームステイに向けて

狭い我が家ですが、モンゴル人の高校生をこの27年7月13日から受け入れます。まずはモンゴル料理を食べに行ってきました。やはり羊の肉の料理です。ジンギスカンも羊の肉です。羊の肉は胃を温める作用があるようです。モンゴル料理は、羊の肉の塩茹でから始まり、から揚げ、春雨炒め、ジャガイモや麺との炒め物、スープこれも羊肉です。やはり独特の風味があります。最後はあっさり味のミルクティでした。初めて食べましたが、おいしかったです。

所得税の初級研修講師

私はTKC全国会という税理士・公認会計士の集団に加入していますが、TVでもスポンサーになったりしていますが、ご存じですか?それはさておき、平成26年1月から引き受け、平成27年1月も終えました。ただもう1年あります。これはTKC会計事務所に入って間がない職員さんが初めて確定申告をするので、なんとかできるようにするための一日6時間の研修です。この研修のテキストは自前で作成しなければなりません。毎年見直してどんどん分厚くなっています。私自身も初心にかえって、見直すいい機会になっています。

三士会(司法書士・土地家屋調査士・行政書士)の講師

私は主な業務が税理士なんですが、行政書士登録もして主に建設業の許可申請を行っていますが、ここ3年ほどこの三士会の講師をさせていただいています。主な講義内容はやはり相続税や贈与税です。税理士がこの三士会には入っていないので、税金の話をします。税制改正はこの三士会の士業の先生方にも大きく関係しているようで、熱心に聴いてくださいます。

研修講師を終えて

平成23年10月26日にTKCの税務情報システム研修講師を終えました。
3年に及ぶ講師の仕事でしたが、毎年毎年大きな改正や課題があり勉強をしてきました。東京での講師団研修をして、その後車の中で、その録音を聴き、さらにオンデマンドのビデオをみて、準備しました。土日もなくテキストを読み返して当日に臨みました。
こうしたプレッシャーを頂き、研鑽する機会を頂けるTKCという組織に加入していてよかったと思います。

いま私はニューメンバーズ委員という新入会員の世話役という仕事を担当していますが、私のできる精一杯のことをしていこうと思っています。

イメージ画像

21年の始まりはセミナーで

中小機構からの依頼があった中小企業企業会計啓発・普及セミナーが20日に、今日1月22日に租税教室がありました。
人の前でお話するのは、自分が思うより疲れているんですね。ぐったりしています。ただその講義のための準備ではテキストを肌身離さず側において、セミナーの内容を四六時中考えています。そんな私に家族は「受けなきゃいいの」にと言います。気が抜けないのは事実ですが、人前でうまく話ができるようになるには経験とも聞きますので、挑戦しています。まだまだですが、今後に期待してね。

イメージ画像

19年分の確定申告

確定申告が終わり、どんどん日差しが暖かく感じられる今日この頃です。

今年の確定申告は、5千円控除を受けていただくために、顧問先様へ何度も足を運ぶ結果になり思わぬ事態となりました。というのも住基カードを顧問先様が取得していただき、それを使って電子申告することで5千円控除を受けることができます。申告の数字が固まったところで、顧問先へ訪問し説明をさせていただいた後、その場で電子申告をしました。住基カードを預かる事務所もありますが、私はやはりそれはしないほうがいいと思います。

顧問先様の身になって申告をする初心を忘れずこれからも取り組んでいく所存です。

HIV感染 患者数増加の記事から

 先日の夜回り先生の水谷修さんの講演を聞いてすぐに、エイズ感染者が増加している新聞記事を読みました。
中でも新規感染者の9割以上が男性であること。水谷さんの講演の中で、必ず話される≪あいちゃん≫の話の中で、エイズ感染したあいちゃんのあまりにも悲惨な状況を水谷先生から聞いて、会場内すすり泣くぐらいの代償を負うということを知りました。決して性を軽んじてはいけないという警告に思えます。

夜回り先生

記念講演で、夜回り先生で知られる水谷 修さんが「今・子供たちは・・」私たちにできること、しなければならないことと題してとても衝撃的な内容の実情をお話されました。
 今、社会のストレス(親や大人)が学校や家庭で子供たちに向けられてしまっている。子供はそれをどうすればいいのか。
心無い一言で子供を殺してしまう。反省しなければなりません。

お問合せ